鐘川製作所の製作風景 鐘川製作所のプロトタイプ展

わたしが考える仕事と金属

vol.02

プロトタイプ展とは?

鐘川製作所のプロタイプ展は、金属加工業として創業100周年を迎えた株式会社鐘川製作所が、「金属と人の距離」をテーマに、2015年からスタートしたモノづくりプロジェクトです。福岡の若手クリエイター達とともに、作り手それぞれの考えやアイデアを、プロトタイプ(原型、試作の意)としてカタチにしていく過程そのものを展示します。
普段見ることのない、商品が生まれるまでの「モノづくり」の姿と、あなたの暮らしにこっそり溶け込んだ、私達の仕事を発見していただけると思います。

Vol.02 「わたしが考える仕事と金属」

開催期間:2016/12/8(木) 〜 12/11(日)

時  間:12:00 〜 19:00

会  場:福岡市中央区薬院1-12-19-1F(SOMEWARE内)

料  金:無料

職業の違い、視点の違い

Vol.02のテーマは「わたしが考える仕事と金属」。プロダクト、インテリア、建築、ウェブ、職業の違う作り手たちの、それぞれが考える「仕事」のシーンで、金属はどんなカタチになっていくのか。デザインや使いやすさを考えていくプロセスや、金属の特性をどう活かすかなど、作り手の「視点の違い」から生まれる作品をお楽しみ下さい。

×

金属がそのカタチになるまで

金属加工といっても、材質の種類や加工、その手法はさまざまです。クリエイターたちのイメージを再現する過程で、私たちは、より美しく仕上げるための手法や、最適な素材や加工方法の検証など、「考えてつくること」を求められます。普段見ることのできない、工場の試行錯誤と「そのカタチになるまで」をお楽しみ下さい。

Vol.01「切る折る曲げる展」の様子

#身近な金属を見てみよう

instagram >
鐘川製作所

鐘川製作所のご紹介

株式会社 鐘川製作所は、金属加工業として大正3年に創業、2014年で100周年を迎えました。精密板金分野の総合加工メーカーとしてステンレス・アルミ・鉄等の折曲加工・レーザー加工・タレパン加工・溶接組立加工を中心に食品関連機器・医療関連機器・IT関連機器・一般産業機械などの各分野における金属パッケージ類の製作を行っています。これまでの100年で積み重ねてきた、技術、実績、そして信頼。私たちは今、その中で培った「考える」「挑戦する」という理念をもって、次の100年を見据えています。

ただモノをつくるだけの企業ではなく、もっと地域社会とつながり、もっと貢献できる企業になるにはどうすれば良いのか?会社という枠を超え、若手のクリエイターたちとともに創るこのプロジェクトは、そんな鐘川製作所の、新たな出発点のひとつであり、現在進行形のカタチでもあるのです。皆様に金属とモノづくりの可能性を感じていただければ幸いです。